調理師の資格の試験と受験地域

バナー

調理師の資格の試験と受験地域

調理師の資格のためには、試験を受験するという方法が存在します。
それ以外にも調理の専門学校を卒業して調理師の資格の取得を目指すという方法なども有るのですが、試験の受験で目指すことも可能です。


試験は4択のマークシートになります。

4つの選択肢から1つを選ぶという形式になってきます。

全部で60問の出題となります。

ところでこの試験は、地域もまたポイントになってくるものです。なぜなら、上記で申し上げた出題は地域によって多少異なってくるケースなどもあるからです。

最近気になったについて詳しく知りたいならこちらです。

全ての試験が同じ日に開催されていても、地域によって出題が異なっているというケースなどもあるのです。もっとも試験範囲は、全ての地域で共通しているのですが。

オンライン 英会話がオススメです。

そしてもう1つポイントになってくるのは、受験料です。

そもそも調理師の資格のための試験は、有料です。


無料ではありません。そして上記で申し上げた地域が、この受験料にも関係してきます。

なぜならば、受験する地域によってもその受験料が異なってくるからです。
例えば今年の埼玉県の試験会場での受験料ですが、6,300円となっていました。

最近何かと話題の韓国語教室に関して悩んだら、是非お試し下さい。

ところが青森県の試験会場の場合は、受験料は6,100円となっていました。

すなわち受験する場所によって、200円の差が発生しているというケースなどもあるのです。
ですので調理師の資格のための試験においては、「出題される内容」と「受験のための料金」の2つは受験地域と大きな関係があるということになります。